仕事

カフェという公共空間

私はカフェが好きです。カフェという独自の広々とした空間に自由に人が集まって、各々好きなことをしているところも好きだし、人をもてなすために多様なドリンクやフードが用意されるところも好きです。 高校卒業後の1年間の学歴が職業訓練校のホテルサービ...
アート

命懸けで作品に触れる

音楽と絵本で生きるということは簡単なことではない。他人事なら好き勝手に、いいねと言えるかもしれないけど、退屈になってしまう感は否めない。でも私はそれをしている。たまに退屈すぎて寂しすぎて発狂しそうになる。私は世界で一人ぼっちで、誰にも必要と...
アート

みんなで大きな絵を描くということ

2017年8月28日cyp_yogi撮影 イーストロサンゼルス 今だけ、金だけ、自分だけの世界で、生きづらさを感じる人たちは少なくないだろう。 本当は、今だけ、金だけ、自分だけなんかじゃなくて、全てはつながっていて、関係して生きているのに、...
日常

僕たちはどう生きるか

五月は新緑の季節、私が故郷に帰ったばかりの頃、恩師に頼んで尊敬する写真家、文筆家の先生を母校に招聘してもらった。そのやりとりの冒頭で、尊敬する先生から「新緑が眩しい季節になりました」とメールをもらったのをずっと覚えている。母親は「そんな風な...
障がい福祉サービス

B型体験3日目

寝起きが本当に弱い。うなされたりして、ずっと寝てしまう。また人間関係の被害妄想で、何かあると全て自分のことを言われているのではないかという気になったりもする。自分は誰からも好かれていないのではないかという気がしてしまうことがよくある。 そん...
障がいや病気について

なぜ人を攻撃したのかー統合失調症と攻撃性

急性期になぜ私が人に攻撃したのかはわからない。理性でわかることではなかった。あれで私はそれまでの自分の人間関係を全てリセットしてしまった。リセットどころか恨みまで買ってしまったかもしれない。 私は自分を長年育ててくれた親や恩師にまで攻撃をし...
障がい福祉サービス

ポジティブ三行日記をつける

B型の体験二日目もなんとか終わった。 寝起きはもう行きたくない、休みたい、と思っていたが、コーヒーを飲んでなんとか始動。掃除をしてあっという間に2時間くらい時間が経った。今日は体験は私一人だったが、職員さんたちと話ができたのがよかった。職員...
日常

私のハゲを受け入れる

私はハゲている。頭頂部の頭皮が薄いのだ。このこともずっと公表できないでいたけれど、私のハゲはもうずっと前からで、かつて好きだった人からもバレているほどだった。気を遣われたのをよく覚えている。 女でハゲているのは辛い。市民権がないからだ。だけ...
日常

痛みについて

今回は私がほぼ2年前の2022年6月あたりに大学関係者に送った抗議文を一部修正して載せようと思います。当時は急性期で、こういうことに真剣に悩まされていました。今となってはなぜこんな文章を書いたのか分かりませんが、私なりの真実があったのだと思...
日常

合意のない性交渉について

私にはずっと人に言えない過去があった。 それは合意ない性交渉をしたことだった。全て酒に酔ったせいで起こったことだった。酒に酔って男と寝たことは何度かあった(私は自分をノンバイナリーだと思っているから、人を女男で分けたくないけど、実際に私がこ...
Uncategorized

離れていく友達

健常者時代の友達とはほとんど縁が切れてしまった。たまにこちらから連絡をして数回やりとりをするくらいが関の山で、後はもうすっかり距離もできてしまった。全く音信不通の人もいる。私が変わり、かつてかかわっていた人たちとは住む世界が違くなったという...
タイトルとURLをコピーしました