カフェという公共空間 Cafes as public spaces

cyp_yogiを推してくださいますか?
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
ブログランキング参加中✨
あなたの声がチカラになります
A型のカフェを新潟県上越市に作成することを求めます

私はカフェが好きです。カフェという独自の広々とした空間に自由に人が集まって、各々好きなことをしているところも好きだし、人をもてなすために多様なドリンクやフードが用意されるところも好きです。

高校卒業後の1年間の学歴が職業訓練校のホテルサービス科だったこともあり、ずっとカフェのような公共空間を作ることが夢でした。その夢もあり、地元に帰省してからしばらく経ったあと、地元のカフェで9ヶ月間修行をしたのです。短い間でしたが、毎日が充実していてとても楽しい期間でした。

統合失調症を発症してしまった今、私は一般就労をするのが難しい心身になってしまいました。けれどもまだカフェという空間にこだわり続けています。障害者でもカフェを活用したいし、できるならカフェという空間を作る側にも回りたい!そういう思いを消し去ることができずにいます。

そんな思いから、障害者の就労継続支援A型事業所の「カフェ」が地元にもできてほしい、そこで私が働きたい、という考えで署名を募ってみました。早いものでもう15名の方が趣旨に賛同して下さいました。こんな私の小さな取り組みに15名もの賛同者がついたこと、とてもありがたいし励まされました。

たくさん集まったら署名は市長に提出したいと考えています。

障害者でも、いや、障害者だからこそ、夢を持ちたいし、夢を諦めたくないです。

私は期せずして一年半前に統合失調症を発症し精神障害者になってしまいました。今、私の脳はうまく働いてくれず、メンタルも不安定になることが多いです。

だけど、だからこそ、諦めたくないのです。生きていることを諦めたくないのです。楽しく生きることを諦めたくないのです。

もしよかったらこの私の小さな試みに賛同していただけると嬉しいです。どうかよろしくお願いいたします。

あなたの声がチカラになります
A型のカフェを新潟県上越市に作成することを求めます

English below

I like cafes. I like how people can gather freely in a cafe, which is a unique and spacious space, and do what they like, and I also like how a variety of drinks and food are prepared to entertain people.

My academic background for one year after graduating from high school was in the hotel service department at a vocational training school, so I had always dreamed of creating a public space like a cafe. With that dream in mind, some time after I returned to my hometown, I trained at a local cafe for nine months. Although it was a short period of time, it was a very fun and fulfilling period.

Now that I have developed schizophrenia, I have become mentally and physically unable to do regular work. However, we are still particular about the cafe space. Even people with disabilities want to use cafes, and if possible, I would also like to help create cafe spaces! I can’t get rid of those feelings.

With this in mind, I decided to collect signatures with the idea that I would like to open a “cafe” in my hometown that is a type A business that supports continued employment for people with disabilities, and that I would like to work there. Already 15 people have agreed to the idea. I am very grateful and encouraged that 15 people supported my small initiative.

Once we have enough signatures, we would like to submit them to the mayor.

Even if I am disabled, or even just because I am disabled, I want to have dreams and I don’t want to give up on my dreams.

A year and a half ago, I unexpectedly developed schizophrenia and became mentally disabled. Right now, my brain isn’t working properly and I often become mentally unstable.

But that’s why I don’t want to give up. I don’t want to give up on being alive. I don’t want to give up on living happily.

I would be happy if you could support this small attempt of mine. Thank you very much for your support.

コメント

タイトルとURLをコピーしました