昨日見た夢 The dream I had yesterday

cyp_yogiを推してくださいますか?
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
ブログランキング参加中✨

昨日は夢にかつての友人が出てきてくれた。他愛もない話をして楽しい時間を過ごせた。ほんのたまにだけど、そういう良い夢の時もあるから、その時は現実と比べてなんとも言えない気持ちになってしまう。

今日は朝、父親を元会社のOB会の会合に送って行った。不慣れなところだったけど父親の誘導で無事に送ることができた。道すがら、セブンでスムージーを買ってもらった。父親はスムージーというものを知らなかったらしく、驚いていた。私はセブンのベリーベリーブルーベリースムージーが気に入っている。

帰りはガソリンがなかったので帰りにガソリンスタンドに寄り、レギュラーを満タン入れた。市からガソリン代の補助が出るので、領収書にハンコと署名を押してもらった。

それからは何の予定もなく、家で弱音グループの当事者仲間とチャットをして過ごした。チャットをしているだけでも時間はすぐに過ぎる。今日はアートの話題になった。

今はブラックコーヒーを飲みながら、このブログを書いている。昨日の読書会で私は自分の措置入院についても国家権力の介入という点で話してしまったけど、本当に措置入院は大変な経験で、とても怖かった。私は意識が朦朧とした状態で、それでも人に犯されたくないと必死で抵抗したのを何となく覚えている。あれは一体何だったのだろうか、今でも考える。警察の中で父親は小さく見えた。

精神障害者になってしまった人の進路は、ホームレスか刑務所だという引用文を聞き、私は自分のことのように感じ、何でもいいから犯罪者になることだけは避けたい、そう思った。犯罪者になっても今の自分は労働ができない。

私はこれから浴びるように差別を受けるかもしれない。それでも生き続けなければならない。それはとても辛く、苦しいことでもある。

私は病前も表面的なキラキラの反面、適当に生きてきた。自己利益を最大に得ることを考えて残業したり、酒に酔って人に迷惑をかけたり、諸々全て身の程知らずだったと感じる。自分がいかに恵まれているか、当時の私は全く気づけていなかったのだ。

転落した今は、わかる。以前の私は本当に恵まれていた。今の私にはほとんど何もない。

神は私にそれでも生きることを強いてくる。私はどうにかしてでも生きなければならない。生き続けること、足掻き続けること、それが私にとっての最大の社会貢献だ。

English below

Yesterday, an old friend of mine appeared in my dream. We chatted about trivial things and had a good time. It’s only occasionally, but sometimes I have good dreams like that, so at those times, I feel something indescribable compared to reality.

This morning, I took my father to a meeting of the alumni association of his former company. It was an unfamiliar place, but with my father’s guidance, I was able to safely drop him off. On the way, he bought me a smoothie at 7-Eleven. He seemed to have never heard of smoothies, so he was surprised. I like 7-Eleven’s berry berry blueberry smoothie.

On the way back, I didn’t have any gasoline, so I stopped at a gas station on the way back and filled up on regular. The city subsidizes gasoline, so I got them to stamp and sign the receipt.

After that, I had no plans and spent the time at home chatting with my fellow sufferers in the Weak Voice Group. Time flies just by chatting. Today, we talked about art.

Right now, I’m writing this blog while drinking black coffee. At yesterday’s reading group, I talked about my own involuntary hospitalization in terms of the intervention of state power, but involuntary hospitalization was really a terrible experience and very scary. I vaguely remember that I was in a daze, but I resisted desperately, not wanting to be raped by someone. I still wonder what that was all about. My father looked small in the police.

When I heard the quote that the path of a mentally disabled person is homelessness or prison, I felt like it was happening to me, and I thought that I wanted to avoid becoming a criminal at all costs. Even if I became a criminal, I would not be able to work.

I may be discriminated against, just like I will be from now on. But I still have to live. It is very painful and difficult.

Even before I got sick, I lived a carefree life, despite my superficial glittering appearance. I worked overtime thinking about maximizing my own profits, I got drunk and caused trouble for others, and I feel that I was completely ignorant of my own limitations. At the time, I was completely unaware of how blessed I was.

Now that I’ve fallen, I understand. I was truly blessed before. Now I have almost nothing.

God forces me to live even so. I have to live somehow. Continuing to live and continuing to struggle is what I consider to be my greatest contribution to society.

コメント

タイトルとURLをコピーしました